Apple、新型「MacBook Pro 14/16インチ」を発表 − 「M1 Pro」と「M1 Max」チップを搭載しデザインを刷新

本日、Appleが、「M1 Pro」と「M1 Max」チップを搭載した新型「MacBook Pro」を発表しました。

「M1 Pro」は、8つの高性能コアと2つの高効率コアから構成された10コアCPUと16コアのGPUを搭載し、GPU性能はM1チップの2倍で、最大32GBのメモリを搭載可能です。

また、「M1 Max」のCPUは「M1 Pro」と同じ10コアCPUを搭載し、GPUは32コアとなり、最大64GBのメモリを搭載可能で、両チップの最大の特徴は少ないエネルギー消費で他のプロセッサよりも高性能であることとなっています。

新型「MacBook Pro」は、14インチと16インチの2サイズ構成で、新しいデザインが採用されており、底面にMacBook Proのロゴが刻印されています。

ファンクションキーはTouch Barではなく物理的なキーに戻され、他のキーと同じ大きさとなっています。

ポートは、HDMIポート、Thunderbolt 4ポート×4、SDカードスロット、ヘッドフォンジャック、MagSafeを搭載し、外部ディスプレイへの出力は、「M1 Pro」チップでは最大2台の「Pro Display XDR」に、「M1 Max」では最大3台の「Pro Display XDR」と1台の4Kディスプレイに出力可能です。

16インチモデルは16.2インチのLiquid Retina XDRディスプレイを、14インチモデルは14.2インチのLiquid Retina XDRディスプレイを搭載し、ベゼルは3.5㎜のスリムベセルで、ディスプレイ上部のノッチにはより明るい絞り値のレンズを採用し、1080pに対応したFaceTimeカメラを搭載し、最大120Hzのリフレッシュレートに対応したProMotion技術にも対応しています。

スピーカーは、2つのツイーターと4つのウーファーを搭載し、空間オーディオに対応しています。

ストレージの読み込み速度は7.4GB/sで、前世代のSSDに比べて2倍高速なSSDが搭載されており、バッテリー駆動時間は14インチモデルは最大17時間のビデオ再生、16インチモデルは最大21時間のビデオ再生が可能で、Macのノートブック史上最大のバッテリー駆動時間となっています。

なお、価格は14インチモデルが1,999ドルから、16インチモデルは2,499ドルからで、カラーはシルバーとスペースグレーが用意され、本日より予約受付が開始され、来週から発売されます。

MacBook Pro 16インチ
MacBook Pro 14インチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。