Apple、「iPhone 14」シリーズ向けパンチホールディスプレイの供給に向けSamsungやLGと交渉開始か

来年発売される「iPhone 14」シリーズの上位モデルはパンチホールディスプレイを採用すると噂されていますが、韓国のNAVERにて、台湾のサプライチェーンからの情報として、AppleがSamsung DisplayとLG Displayにパンチホールディスプレイの供給に向けた交渉を開始したようだとの情報が報告されています。

「iPhone 14」シリーズでは上位モデルである「iPhone 14 Pro」と「iPhone 14 Pro Max」のみパンチホールディスプレイが採用され、エントリーモデルの「iPhone 14」と「iPhone 14 Max」は引き続きノッチ有りのデザインが採用されると噂されています。

台湾のサプライチェーンの情報筋によると、「iPhone 14」シリーズの主要部品の数量や単価の具体的な交渉が開始されたようで、Samsung DisplayとLG Displayとはパンチホールディスプレイの供給に向けた交渉が行われる模様。

また他にも、Lightningコネクタの素材変更に関する交渉も行われるようです。

[via Twitter

「iPhone 14」シリーズのコードネームは「D85x」との情報が再び − 試作機で120Hzのパンチホールディスプレイをテスト中 「iPhone 14」シリーズ、パンチホールデザインはProモデルのみか − 画面内蔵型Touch IDは採用せず 「iPhone 14 Pro」シリーズはパンチホール式ディスプレイを採用?? − 5G対応「iPhone SE」が来年前半登場との予測も

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。