Microsoft、2021年10月のセキュリティ更新プログラムをリリース

本日、Microsoftが、2021年10月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)をリリースしています。

今月の更新プログラムでは下記のソフトウェアの脆弱性などが修正され、緊急が6件、重要が6件の計12件となっており、リモートでコードが実行される脆弱性などが修正されます。

また、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、今月は新たに対応が追加されたファミリはありません。

・.NET Core & Visual Studio
・Active Directory Federation Services
・Console Window Host
・HTTP.sys
・Microsoft DWM Core Library
・Microsoft Dynamics
・Microsoft Dynamics 365 Sales
・Microsoft Edge (Chromium-based)
・Microsoft Exchange Server
・Microsoft Graphics Component
・Microsoft Intune
・Microsoft Office Excel
・Microsoft Office SharePoint
・Microsoft Office Visio
・Microsoft Office Word
・Microsoft Windows Codecs Library
・Rich Text Edit Control
・Role: DNS Server
・Role: Windows Active Directory Server
・Role: Windows AD FS Server
・Role: Windows Hyper-V
・System Center
・Visual Studio
・Windows AppContainer
・Windows AppX Deployment Service
・Windows Bind Filter Driver
・Windows Cloud Files Mini Filter Driver
・Windows Common Log File System Driver
・Windows Desktop Bridge
・Windows DirectX
・Windows Event Tracing
・Windows exFAT File System
・Windows Fastfat Driver
・Windows Installer
・Windows Kernel
・Windows MSHTML Platform
・Windows Nearby Sharing
・Windows Network Address Translation (NAT)
・Windows Print Spooler Components
・Windows Remote Procedure Call Runtime
・Windows Storage Spaces Controller
・Windows TCP/IP
・Windows Text Shaping
・Windows Win32K

なお、各パッチともWindows Updateよりダウンロード及びインストールが可能で、今回の更新の詳細は下記リンク先をご覧下さい。

参考 2021年10月のセキュリティ更新プログラム (月例)Microsoft

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。