新型「MacBook Pro」の一部仕様に関する情報?? − 基本構成は16GB RAMと512GBのストレージに

(新型MacBook Proのコンセプト画像)

Appleが10月19日に開催する発表イベントでは新型「MacBook Pro」が発表されるものとみられていますが、リーカーのDylan氏(@dylandkt)が、新型「MacBook Pro」に関する情報を投稿しています。

同氏が投稿している情報をまとめると下記の通り。

・14インチと16インチに
・ミニLEDディスプレイ採用
・ベゼルが狭額縁化され、ディスプレイ下部のロゴ廃止
・1080pのFaceTimeカメラ搭載
・ベースモデルは16GBのRAMと512GBのストレージを搭載
・M1Xチップは14インチおよび16インチともに同じ構成
・価格は14インチと16インチでほぼ同じ
・新しい電源アダプタ同梱
・Touch Bar廃止
・HDMIポート、SDカードスロット、MagSageの復活

なお、対応が噂されているリフレッシュレートの120Hz対応ですが、同氏は試作機でテストしていたことは確認出来ているものの、いつ実現するのかや、どのモデルから採用されるのかなどの確証は得ていないようです。

ちなみに、同氏のリーク情報の正解率は75%となっています。

Apple系リーカーおよび情報サイトのリーク情報の精度ランキング(2021年9月末時) 新型「MacBook Pro」はミニLEDディスプレイ搭載で、120Hzのリフレッシュレートに対応か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。