Apple、「iOS 14.8」の「SHSH」の発行を終了

本日、Appleが、「iOS 14.8」のSignature Hash(SHSH)の発行を終了した事が分かりました。

「SHSH」とは、簡単に言うと「iOS」の復元時に必要な復元許可証みたいなもので、アップデートやダウングレード時に必要となっています。

今回、「iOS 14.8」のSHSHの発行が終了した事により、今後は「iOS 14.5」以降にしか復元できず、「iOS 14.8」以前へのダウングレード出来なくなったことを意味しています。

また、「iOS 15」のリリースと共に「iOS 14」のままでセキュリティアップデートを受信することが出来るようになりましたが、現状、「iOS 14」の最新版である「iOS 14.8」のSHSHの発行が終了したことから、近いうちに「iOS 14」ユーザー向けに最新のセキュリティアップデートがリリースされることを示唆しているのかもしれません。

[via 9To5Mac

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。