Microsoft、「Windows 11」の一般提供を開始

本日、Microsoftが、「Windows 11」の一般提供を開始しました。

まず、「Windows 11」の最小システム条件は下記の通りで、実際に自身のPCが「Windows 11」の要件を満たしているかどうかは、Microsoftが無料で公開している「PC正常性チェック」アプリを実行することで確認可能です。

Windows 11の最小システム要件

  • CPU:1GHz以上で2コア以上の64bit互換プロセッサまたはSoC
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB以上
  • システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
  • TPM:TPM バージョン 2.0
  • GPU:DirectX 12以上(WDDM 2.0 ドライバ)に対応
  • ディスプレイ:9インチ以上で8bit カラーの高解像度(720p)ディスプレイ

対象となる「Windows 10」搭載PCは「Windows 11」に無償でアップグレード可能で、「Windows 11」がプリインストールされたPCの販売も開始されます。

「Windows 11」への無償アップグレードの展開は、本日より品質に重点を置いて段階的に実施され、2022年半ばまでに全てのデバイスへの展開が完了となる予定で、対象のデバイスをお持ちで、手動でアップデートしたい方はインストールアシスタントやISOファイルも公開されています。

なお、DSP版やパッケージ版の発売日や価格はまだ未発表ですが、「Windows 10」の時は正式リリースから3日後にDSP版の販売が開始され、パッケージ版は約1ヶ月後に発売されました。

Windows 11 公式サイト – Microsoft
Windows 11をダウンロードする – Microsoft

Microsoft、「Windows 11」のインストールアシスタントやISOファイルなども公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。