Apple、来年発売の次期「iPad Air」への有機ELディスプレイの採用を断念か

これまでの噂では2022年に発売される次期「iPad Air」は有機ELディスプレイを採用すると言われていますが、MacRumorsによると、Appleは次期「iPad Air」で有機ELディスプレイを採用することを断念した可能性が浮上しました。

これはApple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が投資家向けの最新のレポートで明らかにしたもので、同氏はAppleは来年に有機ELディスプレイを搭載した次期「iPad Air」を発売する計画をキャンセルしたようだと報告しています。

その理由はコストや性能が期待にそぐわない為で、計画が中止されたそうです。

また同氏は、2022年には「iPad Pro」の11インチモデルにもミニLEDディスプレイが採用されるとも予測しています。

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。