Apple、「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を終了

MacRumorsによると、Appleが2018年9月より実施していた「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を終了したことが分かりました。

本プログラムは、ごく一部の「iPhone 8」に、製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明し、当該の「iPhone 8」では、突然再起動する、画面がフリーズする、iPhoneをオンにできないなどの症状が見られることがあることから、対象となる「iPhone 8」を無償で修理するものとなっていました。

また、対象は2017年9月から2018年3月までの間に、オーストラリア、中国、香港、インド、日本、マカオ、ニュージーランド、および米国で販売された「iPhone 8」でした。

現在、本プログラムのページ内容は削除され、“お探しのApple修理サービスプログラムは終了しました”と案内されており、「Apple 修理サービスプログラム」の一覧からも削除されています。

なお、プログラムが終了した場合でも、もし手持ちの「iPhone 8」に上記のような問題があるがある場合は、Appleのサポートに連絡すれば何らかの対応をしてくれる可能性はあるかもしれません。

Apple 修理サービスプログラム – Apple

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。