iFixit、「iPhone 13 Pro」の分解レポートを公開

iFixitが、「iPhone 13 Pro」の分解レポートを公開しました。

「iPhone 13 Pro」では、前モデルではディスプレイ背面に搭載されていた受話スピーカーが本体側に移動した他、フラッドイルミネーターとドットプロジェクターが1つのモジュールに統合され、ノッチの小型化に寄与しているようです。

(左がiPhone 13 Pro / 右がiPhone 12 Pro)

また、先日の情報通り、Face IDのモジュールとディスプレイが別々に搭載されているにも関わらず、ディスプレイを交換するとFace IDが利用不可能になることが改めて確認され、ディスプレイはAppleやApple公認の修理業者で修理する必要があります。

バッテリーについては、L字型バッテリーが採用され、バッテリー容量は11.97Whであることが確認されました。

(左がiPhone 13 Pro / 右がiPhone 12 Pro)

各種チップなどについては、6GB RAMはSK Hynix製、128GBのNANDフラッシュメモリはKioxia製となっており、5GモデムチップはQualcommのSDX60Mとなっています。

(iPhone 13 Proのロジックボード)

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中5点と前モデルの「iPhone 12 Pro」よりも1点下がっており、ディスプレイやバッテリーの交換がし易い構造や他のほとんどの部品もモジュール化されていることがプラス面で、リアパネルにガラスが採用されていることやディスプレイがApple独自のキャリブレーションツールを使わずに修理した場合にFace IDが利用出来なくなることがマイナス面として挙げられています。

iPhone 13 Pro Teardown – iFixit

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。