「iPhone 14」は完全刷新が特徴に − Bloombergの著名記者が報告

9To5Macによると、BloombergのMark Gurman氏が毎週恒例のニュースレター「Power On」において、来年発売される「iPhone 14」に関する情報を報告していることが分かりました。

同氏によると、「iPhone 14」では新しいエントリーレベルとプロモデルと完全刷新が期待されると報告しており、今年の「iPhone 13」シリーズがマイナーチェンジだったことは、Appleのエンジニアがより時間のかかる大きなことに裏で取り組んでいたことを示していると述べています。

同氏はそのフルモデルチェンジの詳細については何も明らかにしていないものの、これまでの情報では、ハイエンドの”Pro”モデルではノッチが廃止され、パンチホール式ディスプレイが採用されると言われています。

また、ディスプレイサイズは6.1インチと6.7インチの2サイズ構成になり、「iPhone 14/14 Max」と「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」のラインナップになると言われています。

「iPhone 14 Pro」シリーズはパンチホール式ディスプレイを採用?? − 5G対応「iPhone SE」が来年前半登場との予測も

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

4 COMMENTS

T へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。