「iOS 15」にSiriを使って「AirPods Pro」の一部操作が出来ない不具合 − 「iOS 15.1」で修正へ

MacRumorsによると、「iOS 15」において、「AirPods Pro」でSiriを使ってアクティブノイズキャンセリング機能のオン/オフするなど一部コントロールが出来ないバグが報告されていることが分かりました。

「iOS 15」を搭載した「iPhone」とペアリングしている「AirPods Pro」では、ノイズキャンセリング機能をオフにしたり、外部音取り込みモードの有効化をSiriに依頼すると、Siriからは「申し訳ありませんが、それは出来ません」と回答され、操作できないとの不具合が一部のユーザーから報告されています。

ただ、先日にベータ版がリリースされた「iOS 15.1」ではこのバグは修正されており、「iOS 15.1」の正式リリースと共に修正される模様。

なお、「iOS 15」を利用中のユーザーで同様の機能を利用したい場合は、「iOS 15.1」のリリースまではコントロールセンターなどから手動で変更するしかなさそうです。

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。