IIJmio、Apple IDとGoogle アカウントの第三者による不正利用被害で注意喚起

IIJmioが、Apple IDならびにGoogle アカウントについて、フィッシングメール等を用いた第三者の不正利用により、利用している自身のアカウントが第三者に乗っ取られる事象や端末がロックされて利用出来なくなる事象が確認されており、金銭的被害も発生していることから注意喚起を行っています。

特に同社でも取り扱っているApple製品においては、Appleサポートを受けることができないケースが報告されているとのことで、これらの被害を抑制するためにも、IIJmioとしては以下の対策を実施することを推奨しています。

①普段見慣れないメールやSMSのURLリンクからWebサイトにアクセスする際には細心の注意を払い、当該Webサイトで不必要にID/パスワードならびに個人情報の入力をしないように気をつけください。
特に宅急便などの不在通知を名乗るメールやSMSには注意してください。

②第三者からの乗っ取り被害に効果的な「2ファクタ認証」「2段階認証」の設定をお願いします。
「2ファクタ認証」「2段階認証」とは、文字通り認証を2回行なうことです。
ご自身がお使いの電話番号などに2段階目のパスワードを受け取るように設定することで、第三者が勝手にアカウントにログインすることを防ぐことができます。

なお、同様の注意喚起は先日にmineoも行っています。

IIJmio

mineo、Apple IDとGoogle アカウントの第三者による不正利用被害で注意喚起

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。