NTTドコモ、解約金や解約金留保を10月より廃止へ − 2年縛りプランの新規受付を終了

本日、NTTドコモが、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日(金曜)から廃止すると発表しました。

また、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても2021年10月1日(金曜)から廃止するとのこと。

今回の変更に伴い、現在提供している2年定期契約プランについては、2021年9月30日(木曜)に新規受付が終了されます。

さらに、旧料金プランの「ずっとドコモ割コース」契約者に対して、2年の契約期間以内に解約すると10,450円の解約金が発生する2年定期契約を契約更新した際に進呈していた「更新ありがとうポイント」の提供も2021年10月1日をもって終了することも発表されています。

ニュースリリース

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。