「iOS 15」ではFace IDのなりすまし防止対策も強化 – 3Dモデルに対処

本日、Appleが「iOS 15」と「iPadOS 15」を正式にリリースしましたが、両OSでのセキュリティ面の修正内容をが公開され、Face IDのなりすまし防止機能が強化されたことが分かりました。

Appleは「iOS 15」と「iPadOS 15」でFace IDの脆弱性に対処したことを案内しており、登録されたユーザーに似せて作られた3Dモデルが、Face IDによる認証を通過してしまう可能性がある問題があり、この問題はFace IDのなりすまし防止モデルを改善することで対処したとのこと。

なお、対象のデバイスはFace IDを搭載する全てのデバイスとなっています。

また他にも、「iOS 15」と「iPadOS 15」ではApple Neural Engine、CoreML、ImageIO、Kernel、Siri、WebKitなど多数の脆弱性が修正されています。

About the security content of iOS 15 and iPadOS 15 – Apple

<iPhone 13 シリーズの購入はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。