「Apple Watch Series 7」は「Series 6」と同じ「S6」チップを搭載

本日、Appleが「Apple Watch Series 7」を発表したものの、発表イベントの際には搭載されているチップに関する言及がなったのですが、「Apple Watch Series 7」に搭載されているチップは「Apple Watch Series 6」と同じものであることが分かりました。

これは開発者のSteve Troughton-Smith氏によって確認されたもので、最新の「Xcode」から「Apple Watch Series 7」は「Apple Watch Series 6」と同じチップを搭載していることが確認されました。

「Apple Watch Series 7」と「Apple Watch Series 6」は、共に同じ「t8301」というコードネームの「S6」チップを搭載しています。

コードネームが全く同じであることから、「S6」チップに何か改良が加えられているなどもなく、全く同じチップが搭載されているようです。

【更新(2021年9月15日18時)】

その後、下記のような情報も出て来ております。

「Apple Watch Series 7」のチップは「S7」であることが明らかに − ただ、性能は「Series 6」と同等

Apple Watch – Apple

2 COMMENTS

匿名

ずっと購入我慢しててめちゃ欲しかったのに残念すぎる
OSが重くならなければ大丈夫なのかな

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。