「iPadOS 15」の新機能「ユニバーサルコントロール」、年内にソフトウェアアップデートで提供へ

本日、Appleが、「iPadOS 15」の公式ページを更新し、「iPadOS 15」の新機能として発表されていたユニバーサルコントロール機能は同OSの正式リリース時には間に合わず、年内にソフトウェアアップデートで提供することを案内しています。

同機能は、1つのキーボード、マウス、トラックパッドを使って、MacとiPadの間でシームレスに作業できるようになる機能で、カーソルをMacから直接iPadに動かしたり、Macで入力した文字をiPadに表示させることもでき、「iPadOS 15」と「macOS Monterey」の新機能となっています。

これまで同機能は「iPadOS 15」と「macOS Monterey」のベータ版にも搭載されていなかった為、正式リリース時には間に合わないことは予想されていましたが、今回それが確認された形で、年内にソフトウェアアップデートで利用できるようになることが分かりました。

iPadOS 15 – Apple

[via Apple Insider

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。