Microsoftの発表イベントを前に新型「Surface」とみられるデバイスがFCCを通過

Microsoftは現地時間9月22日に「Surface」関連の発表イベントを開催しますが、その発表イベントを前に新型「Surface」とみられるデバイスがFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過したことが分かりました。

FCCが公開した資料によると、タイトルは「Microsoft Corporation Portable Computing Device(ポータブルコンピューティングデバイス)」となっており、識別番号は「C3K2010」「C3K-2010」「C3K 2010」「C3K2010」「C3K2O1O」「C3K20I0」となっています。

これまで「Portable Computing Device」の名前は「Surface Pro」や「Surface Go」「Surface Laptop」などの製品に使用されていた経緯があり、今回、FCCを通過したデバイスが噂されている「Surface Pro 8」なのか「Surface Go 3」なのかは不明です。

また他にも、新型「Surface」用とみられるIntel製のLANモジュール「AX201」もFCCを通過しており、FCC IDは1983で、製品名は「Wireless LAN Module」となっています。

これにより、新型「Surface」はWi-Fi 6や最新バージョンのBluetooth 5をサポートしていることが予想されています。

さらに、Microsoftの新型マウスとみられる「Wireless Input Accessory Device」という名称のデバイスもFCCを通過しています。

[via Windows Latest

Microsoft、9月23日に「Surface Go 3」を発表へ − デザインは変わらず、新しいチップを搭載 米Microsoft、「Surface」関連の発表イベントを9月22日に開催へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。