Microsoft、ARM版「Windows 11」はM1チップ搭載Macをサポートしないことを明らかに

Microsoftが、The Registerの取材に対し、ARM版「Windows 11」をM1チップ搭載Macで実行することはサポートされていないシナリオであることを明らかにしました。

現在、Parallelsが「Parallels Desktop 17 for Mac」で「Windows 11」のサポートを謳っていますが、「Windows 11」の正式リリース後に同OSを購入して合法的にインストールおよび実行することが出来ないことになります。

「Parallels Desktop 17 for Mac」では、「Windows 11」のInsiderプレビュービルドを実行可能ですが、最新のプレビュービルドではM1チップ搭載Mac上ではハードウェアエラーが出るようになり、Parallelsがアップデートで対応したものの、これが単なる不具合だったのか、Microsoft側が意図的に何か行ったのかは不明です。

なお、Thurrott.comのPaul Thurrott氏は、今年7月下旬にとある関係者から、Microsoftが9月にM1チップ搭載Macで「Windows on Arm」を正式にサポートすることを発表するとの話を聞いていたようですが、今回のMicrosoftの見解から、その発表は有り得ないものとみられています。

[via Thurrott.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。