KDDI、SpaceXの衛星ブロードバンド「Starlink」との業務提携を発表 − 2022年を目処に順次導入へ

本日、KDDIが、高速・低遅延の衛星ブロードバンドインターネットを提供する「Starlink」をau基地局のバックホール回線に利用する契約を締結した事を発表しました。

これまでサービス提供が困難とされていた山間部や島しょ地域、災害対策においてもauの高速通信を体験出来るよう、2022年をめどに、まず全国約1,200カ所から順次導入を開始するとのこと。

イーロン・マスク氏がCEOを務めるSpaceX社が開発した「Starlink」は、世界中に高速・低遅延の衛星ブロードバンドインターネットを提供しており、「Starlink」の通信衛星は、高度約550kmの低軌道上に配置されていて、従来の静止軌道衛星に比べて地表からの距離が65分の1程度と大きく近づくため、大幅な低遅延と高速伝送を実現しています。

また、光ファイバーに接続された通常のau基地局に加え、「Starlink」をバックホール回線としたau基地局を導入しエリアを補完することで、日本中どこでもauの高速通信をユーザーに届けることが可能になるとのこと。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。