「Apple Watch Series 2」のCellularモデルの試作機の写真 − 赤いデジタルクラウンとゴールドステンレススチールケースが特徴

Appleの試作機の写真を投稿しているDongle氏が、「Apple Watch Series 2」の新たな試作機の写真を公開しています。

この試作機はCellularモデルで、Cellularモデルの投入は「Series 3」からだった為、「Series 2」の段階で検討されていたことが分かります。

また、「Series 3」のCellularモデルから導入された赤いデジタルクラウンと「Series 4」で導入されたゴールドステンレススチールケースが採用されており、両デザイン案も最終的に「Series 2」では採用されることはなかったものの、その後のモデルで正式に採用されており、Cellularモデル共々、Apple内部では「Series 2」の段階から検討していたことが分かります。

なお、「Series 2」でCellularモデルが投入されなかった理由は、モデムの故障率が約60%で、熱問題があった為と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。