Twitter、共通の興味関心を持つユーザー同士で会話出来る新機能「コミュニティ」のテストを英語圏で開始

本日、Twitterが、「コミュニティ」機能のテストを英語圏で開始すると発表しました。

「コミュニティ」は、ユーザーが特に関心のあるトピックにつながり、共有し、より身近なものにするための専用の場所を提供するために作られたそうで、自分と同じことを話したいと思っている人を簡単に見つけてつながることができる機能となっています。

「コミュニティ」に参加すると、フォロワー全員ではなく、特定のグループに向けて直接ツイートできるようになり、同じコミュニティに参加しているメンバーだけが返信したり、会話に参加したりできるので、親密で関連性の高い会話を保つことができます。

また、「コミュニティ」のツイートは、Twitter上の誰でも見ることが可能ですが、「コミュニティ」のメンバーだけが議論に参加することが可能で、メンバーになるには管理者・モデレーターから招待を受ける必要があります。

なお、テストは少数の初期テストグループの参加者を対象に、iOSとウェブ版で実施されており、Androidでは現時点では読み取り専用となっています。

自分と共通の興味関心を持つ人々と会話しませんか – Twitter
Twitterのコミュニティについて

1 COMMENT

匿名

今はLINEオープンチャットを頼ってけどこれは良さそう
鍵かけてクローズドになるなら最高だけど

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。