「iPhone 14」はノッチ廃止でリアカメラの出っ張りもなくなる?? − 「iPhone 4」似のデザインになるとの情報も

Appleはまもなく「iPhone 13」を発表する見込みですが、著名リーカーJon Prosser氏が、その次のモデルである「iPhone 14」に関する情報を公開しました。

同氏によると、「iPhone 14」シリーズはフラットなエッジのデザインは「iPhone 12」シリーズから変わらないものの、背面ガラスの内側にAppleのロゴマークが埋め込まれ、音量調節ボタンも丸型になるなど、「iPhone 4」のようなデザインになるとのこと。

また、本体の厚みが増加するものの、リアカメラの出っ張りはなくなり、側面の素材にはチタンが採用され、耐久性が向上する模様。

フロントカメラはパンチホール式になり、ノッチが廃止され、受話スピーカーもディスプレイ上部のベゼル部分に埋め込まれる形になるようです。

さらに、本体底面のスピーカーとマイク用の穴はメッシュ仕様に変更され、接続端子については引き続きLightningコネクタが採用される可能性があるそうです。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。