DJI、新型スマートフォンジンバル「DJI OM 5」を発売 − 延長可能なロッドを内蔵

本日、DJIが、スマートフォンジンバルの新モデル「DJI OM 5」を発表しました。

「DJI OM 5」は、自撮り棒のように延長可能なロッドを内蔵しているのが特徴で、ロッドは215mmまで延長可能。

また、折りたたむとポケットサイズになり、前モデルの「DJI OM 4」よりも3分の1小さくなったというコンパクトボディが特徴で、軽量化も実現しており、ジンバルの重量は290gで、クランプは34gとなっています。

前モデルと同じくマグネット着脱式デザインが引き続き採用されており、撮影中に激しく動き回っても、大きなサイズのスマホを使っても、スマホの向きをしっかり制御する3軸手ブレ補正を搭載しています。

他にも、タップするだけで被写体を確実にトラッキングし、認識性能や応答性が向上した「ActiveTrack 4.0」や周辺環境を自動で認識して、その場にあった撮影シークエンスを提案し、短編撮影チュートリアルで撮影方法を教えてくれる「ShotGuides」機能が新たに利用可能になっています。

なお、カラーはアテネグレーとサンセットホワイトの2色で、本体の他、磁気スマートフォンクランプ2やグリップ式三脚が同梱されており、価格は17,930円(税込)となります。

DJI OM 5 – DJIストア
公式サイト

DJI、「DJI OM 4 SE」を国内でも販売開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。