Anker、会議用Bluetoothスピーカーフォンの新モデル「Anker PowerConf S500」を発売

本日、Ankerが、会議用Bluetoothスピーカーフォンの新モデル「Anker PowerConf S500」を発売しました。

本製品は、会議用Bluetoothスピーカーフォン「Anker PowerConf」のアップグレードモデルで、超高感度マイクが32kHzまでの広帯域の音声をクリアに集音し、様々な優れた音声処理機能と10Wの高出力を備えるため、1台で12人の広さの会議室までカバーが可能です。

シリーズ最高感度のマイクを4つ搭載したことで最大12人までの大人数会議に対応でき、32kHzまでの広帯域の音声をクリアに集音出来ます。

また、声の大きさやスピーカーフォンまでの距離によらずに均一かつ最適な音量で音声を届けるオートゲインコントロールや、周囲の雑音を除去するノイズリダクション、ハウリング抑制機能を搭載しているため、通話相手のストレスにならないクリアで安定した音声を届けることが可能です。

さらに、音声伝送だけでなく聞き取り時の音質にもこだわっており、前モデルの3倍以上となる10Wの高出力スピーカーを採用することで、相手がその場にいるかのような快適な通話を実現している他、本製品を2台ペアリングすると集音範囲がさらに広がり、20名規模の大会議室での使用も可能になるとのこと。

接続方法は、Bluetoothによるワイヤレス接続、USB-C & USB-C ケーブルでの有線接続、Bluetooth USB アダプタ接続の3種類の接続方法から選択可能で、バッテリー駆動時間は最大16時間となっています。

なお、通常価格は24,980円(税込)ですが、発売を記念して200個限定で20%分のAmazonポイントを還元するキャンペーンが実施されています。

Anker PowerConf S500 – Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。