「iPhone 13」はマスクや曇ったメガネを着用した状態に対応した新しい「Face ID」が利用可能に??

(ケース型テスト機のレンダリング画像)

著名リーカーのJon Prosser氏が、情報筋によると、Appleはマスクや曇ったメガネを着用している場合でも動作する新しい「Face ID」を開発していることが分かったと報告しています。

Appleは「iPhone 12」に装着出来るケース型のテストデバイスで同機能をテストしており、このケース型のテスト機を装着すると「iPhone 12」のFace IDではなく、ケース内の新しいハードウェアを使用することが可能になる模様。

また、このケース型テスト機のFace IDは、カメラやセンサーの位置が「iPhone 12」とは異なっており、これまでに流出している図面などから「iPhone 13」に搭載されるFace IDのハードウェアを「iPhone 12」でテストする為のデバイスとみられています。

Appleの従業員はこの試作機をテストするためにマスクやメガネの着用を求められており、テストではあらゆるスタイルのメガネとマスクを使って、屋内外でかなり詳細に行われているようで、曇ったメガネを着用した状態でもテストされているようです。

なお、テスト自体が最近のものであることから、この機能がすぐに「iPhone 13」に搭載されるかどうかは分からないものの、Appleが「iPhone 13」向けFace IDのハードウェアでこのテストを行っていることは間違いないとのこと。

3 COMMENTS

匿名

これがiPhone13に搭載されたら、
Touch IDが搭載されない損失をだいぶん軽減できるんだろうけど…

返信する
T

新しいアプローチ!
マスクありでFace IDが通るなら、Touch IDを搭載する必要はないもんなぁ。

返信する
匿名

Apple Watch装着限定なら、今でもマスクありでロックは外せるけど、ちょっと間に合わせ感ありありだったので、iPhone単独で本感覚的に対応してくれたらありがたい。でもマスクして曇ったメガネして、、だと、目視でも誰だかわからないくらいだけど、できるのかな。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。