Apple、将来の「iPhone」に画面内蔵型Face IDを搭載か − 「iPhone 13」への画面内蔵型Touch ID搭載は見送り

BloombergのMark Gurman氏が、Appleは「iPhone 13」のためにディスプレイ内蔵型のTouch IDをテストしていたものの、今年は採用されないと報告しています。

Appleが搭載を見送った正式な理由は不明なものの、Mark Gurman氏は、Appleはハイエンドの「iPhone」ではFace IDに全力を注いでおり、同社の長期的な目標はディスプレイにFace IDを内蔵することと考えており、ディスプレイ内蔵型のTouch IDは少なくとも2021年には実現しない模様。

また、将来の「iPhone」の生体認証機能について、同氏は、ハイエンドモデルにはディスプレイ内蔵型のFace IDを搭載し、ローエンドモデルにはノッチにFace IDを搭載するか、ディスプレイ内蔵型のTouch IDを搭載すると予想しています。

なお、ディスプレイ内蔵型指紋センサーは、既に常用出来るレベルまで達している為(下記ツイート参照)、個人的にも「iPhone」に搭載して欲しいのですが、まだまだ先になりそうです。

[via 9To5Mac

3 COMMENTS

匿名

なにせ、マーク・ガーマン氏のニュースレターしかソースがないんでなぁ…
(ほかのリーカーはTouch IDの搭載に関しては沈黙を守っている)
発表イベントまではどうにも判断がつかんな。

返信する

Ray へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。