Twitter、DM機能に複数の改良を行うことを発表

本日、Twitterが、今後数週間でDM(ダイレクトメッセージ)に複数の改良を行うことを発表しました。

ツイートの共有がより簡単になる他、会話中のナビゲーションが改善されるなど、様々な改良が加えられるとのこと。

まず、アカウントやグループを最大20個まで選択して、ツイートを個別に共有することが可能になり、本機能はiOSとWeb版では順次展開が開始されており、Android版でも近日に公開予定です。

次に、新たにクイックスクロールボタンが追加され、最新のメッセージに素早くアクセス出来るようになり、本機能はAndroid版とiOS版で順次提供されます。

さらに、メッセージを長押ししてメニューを開くと、リアクションの追加ができるようになる他、メッセージを日付ごとのグループとしてまとめることで、会話の内容を以前よりわかりやすく確認できるようになり、この2つの機能はiOS版で順次展開が開始されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。