「Google Pixel 5a (5G)」、動画撮影中に熱問題が発生することが明らかに

Googleは8月26日に日本と米国で「Pixel 5a (5G)」を発売しますが、「Pixel 5a (5G)」で4K 60fps動画を撮影するとオーバーヒートすると報告されていることが分かりました。

「Pixel 5a (5G)」のチップセットと背面カメラは「Pixel 5」と同じものが搭載されており、チップセットはQualcomm Snapdragon 765Gで、背面カメラは1,220万画素で、4K(60fps)での動画撮影が可能となっています。

ただ、「Pixel 5a (5G)」では、4K 60fps動画の撮影を開始してから数分後に、本体温度が高くなっていることを警告するメッセージが表示されることが報告されており、本体温度が下がるまでカメラアプリを閉じるよう警告される模様。

このことを報告しているTechOdyssey氏は、エアコンを点けた室内でテストを行っていたようで、同様の問題は他にも複数で確認されており、約2分で同じ現象が発生した他、4K 30fpsや1080P 30fpsでの撮影でも同様の現象が発生することも報告されています。

[via Android Police

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。