NOMAD製のミニウォレット「NOMAD Card Wallet」が登場 − 10月発売予定の「Card for AirTag」にも完全対応

(NOMAD Card Wallet)

本日、アシカンが、今秋に発売予定の「Card for AirTag」に完全対応したミニマムサイズの財布「NOMAD Card Wallet」と「NOMAD Card Wallet Plus」を発売しました。

本製品は、Appleの紛失防止タグ「AirTag」を収納することを目的に設計され、裏地を熱と圧力で接着したマイクロファイバーで覆うThermoformed leather(サーモフォームド・レザー)仕様となっており、これにより、「AirTag」や複数のカードを収納しても強度と形状を維持するので、カードが財布から落下し紛失するといった恐れがなくなり、劣化ではない真の経年変化を楽しめる商品構成となっています。

(NOMAD Card Wallet Plus)

さらに、重なり合うレザーの量を減らした「ダイカットカードスロット」設計によりスリムなフォルムを実現しており、収納できる最大枚数の16枚のカードを「NOMAD Card Wallet Plus」に入れても、デニムのヒップポケットはもちろん、スーツの内ポケットにもきれいに収まるようになっています。

また、今年10月に発売予定の当該商品にぴったり収まるAirTag用ホルダー「NOMAD Card for AirTag」を使用することで、「AirTag」をずれることなく収納可能です。

(NOMAD Card for AirTag/10月発売予定)

なお、価格は「NOMAD Card Wallet」が10,000円(税別)、「NOMAD Card Wallet Plus」が15,000円(税別)となっており、Tokyo Macや国内のセレクトショップで販売されます。

NOMAD Card Wallet – Tokyo Mac
NOMAD Card Wallet Plus – Tokyo Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。