「Microsoft 365」、「Internet Explorer」のサポートを終了

Microsoftは2022年6月15日をもって「Internet Explorer 11」のサポートを終了しますが、それに先駆け、日本時間の昨日8月18日をもって、Microsoft 365や他のアプリで「Internet Explorer」のサポートが終了となりました。

サポート終了後も「Internet Explorer 11」でMicrosoft 365や他のアプリを使用することは可能なものの、何らかの不具合が発生するなど、正常に利用出来ない場合があります。

なお、サポート終了までのスケジュールは下記画像の通りで、一般のユーザーは2022年6月15日までに「Microsoft Edge」に移行することが推奨されています。

Zoom、9月末で「Internet Explorer 11」のサポートを終了へ Microsoft、「Internet Explorer 11」のサポートを2022年6月15日で終了へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。