Google、「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を正式に発表 − 自社開発チップ「Tensor」を搭載し、今秋発売

本日、Googleが、次期フラッグシップスマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を発表しました。

両モデルとも、Googleが自社開発したスマホ向けSoC「Google Tensor」を搭載し、Googleの最も強力な人工知能(AI)と機械学習(ML)モデルをデバイス上で処理することが可能になり、音声コマンドや翻訳、キャプション(音声字幕)、ディクテーション(書き起こし)といった機能が大きく進化するとのこと。

また、「Pixel 6 Pro」は光学4倍ズームの望遠レンズを含む3眼カメラが搭載され、「Pixel 6」は望遠レンズが搭載されず、2眼カメラになるとのこと。

なお、両モデルとも3つのカラーラインナップが用意され、公式のプレビューページも既に公開されており、今秋に発売予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。