Google、「Google マップ」と「Google 検索」で近隣の新型コロナワクチンの接種会場を表示

Googleが、新型コロナウイルスのワクチンに関する正確でタイムリーな情報を見つけやすくするために「Google マップ」と「Google 検索」でワクチン接種会場や地域の情報の表示を開始したことを案内しています。

Googleではワクチンに関する正確でタイムリーな情報を得られるようにするため、「Google 検索」の情報パネルの提供を40か国以上、数十の言語に拡大した他、ワクチン接種資格と接種期間を簡単に知ることができるよう、厚生労働省からの情報やニュース、地域の行政機関、厚生労働省や内閣官房などからの情報を表示するようになっています。

また、「Google マップ」では、防衛省が提供する大規模接種センター、及び厚生労働省のコロナワクチンナビに登録されているワクチンが接種できる3万件以上の医療機関の情報を基に、近隣のワクチン接種会場が表示されるようになっており、表示される情報には、一般向けまたは予約が必要かどうか、利用が特定の集団に限定されているかどうかなどの詳細が含まれています。

さらに、ワクチン接種場所、予約に関する関心が高まり、医療機関へのワクチン接種に関する問い合わせが増えていることから、医療機関の方々向けに、Google マイビジネスとGoogle フォームを活用して、オンライン上で、無料でワクチン在庫や接種対応状況を発信したり、ワクチン接種キャンセル待ち受付フォームを作成する方法を紹介しており、こちらのサイトで方法を紹介した動画とリーフレットを公開しているので、オンラインで情報を発信する際には是非どうぞ。

ニュースリリース(公式ブログ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。