「Windows 11」の偽のインストーラーが出回る − 広告やトロイの木馬をインストール

「Windows 11」の公式発表前にISOファイルが流出したことが話題になりましたが、Kasperskyによると、この「Windows 11」のISOファイルを模した偽のインストーラーが出回っていることが分かりました。

その一例として、「86307_windows 11 build 21996.1 x64 + activator.exe」という1.75GBのファイルが報告されており、このファイルには多くの無用な情報を含む1つのDLLファイルで構成されています。

実行すると普通のWindowsのインストールウィザードのようなインストーラーが起動しますが、別の実行ファイルをダウンロードして実行する仕組みとなっており、そのダウンロードされた実行ファイルを実行すると「使用許諾契約書」が表示され、同意すると様々な悪意のあるプログラムがインストールされるようになっています。

Kasperskyによると、「Windows 11」関連の同様の仕組みを使った手口は数百件検出されているようで、デスクトップ上に執拗に広告を表示するアドウェアから、本格的なトロイの木馬、ソフトウェアの脆弱性またはセキュリティ上の欠陥を利用する脆弱性利用型不正プログラム(エクスプロイト)など多岐にわたっているようです。

Microsoftは正式発表後にWindows Insider Programで「Windows 11」のプレビュービルドの提供を開始している為、ネット上から出所が分からないISOファイルをダウンロードすることはほぼないと思いますが、念の為、注意が必要です。

[via MSPU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。