ミニLEDディスプレイを搭載した次期「MacBook Air」は2022年半ばに登場か

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、投資家向けの最新の報告書の中で、ミニLEDディスプレイを搭載した次期「MacBook Air」は2022年半ばに発売されるだろうと報告していることが分かりました。

その次期「MacBook Air」は、13.3インチのミニLEDディスプレイを搭載し、今年後半に発売が噂されている次期「MacBook Pro」に次いで、2番目のミニLEDディスプレイ搭載Macになるとのこと。

これまでの噂では、次期「MacBook Air」は、ディスプレイ周りのベゼルがより細くなり、MagSafe充電コネクタの復活や2つのThunderbolt/USB 4ポート搭載が特徴となり、複数のカラーバリエーションが用意されると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。