「iOS 14.7」にTouch ID搭載iPhoneでApple Watchのロックを解除出来なくなる不具合

本日、Appleが「iOS 14.7」を正式にリリースしましたが、その「iOS 14.7」にアップデート後に「iPhone」で「Apple Watch」のロック解除が出来ない問題が発生していることが分かりました。

通常、「iPhone でロックを解除」を有効にしている場合、Apple Watchを身に着けていれば、iPhoneのロックを解除するとApple Watchのロックも解除されますが、「iOS 14.7」には、Touch ID搭載モデルのiPhoneでApple Watchのロックを解除できなくなるという問題があるとのこと。

この問題が起きる場合は、Apple Watchで直接パスコードを入力し、ロックを解除して欲しいとのことで、問題は今後のソフトウェア・アップデートで修正される予定です。

また、モバイルデバイス管理(MDM)管理者向けにも案内が掲載されており、英数字のパスコードを要求するモバイルデバイス管理 (MDM) プロファイルでApple WatchがiPhoneにペアリングされている場合は、Apple Watchでは直接パスコードを入力出来ない為、その対処法を案内するとともに、監視対象iPhoneのアップデートを延期することも案内しています。

iOS 14.7へのアップデート後にiPhoneでApple Watchのロックが解除されない場合 – Apple

[via AAPL CH.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。