「YouTube ショート (ベータ版)」が国内でも利用可能に

Google Japanが、スマートフォンでキャッチーなショート動画を撮影から編集、投稿まで簡単にできる「YouTube」の新機能「YouTube ショート(ベータ版)」を本日より国内でも順次公開すると発表しました。

本機能は、2020年9月にインドで初めて公開して以来、26か国で提供されており、本日より日本を含む世界100か国以上で利用出来るようになるとのこと。

これまでもスマホアプリでショート動画の視聴は可能でしたが、今回のベータ版の提供開始により、新たに複数の動画をつなぎ合わせるマルチセグメントカメラ、楽曲を追加する機能、速度の設定などを含む動画作成ツールを使って誰でも簡単にショート動画を作成できるようになります。

また、今回のグローバル展開に合わせて、以下の機能が新たに追加されています。

  • 動画の特定のポイントにテキストを追加する
  • ショート動画に自動でキャプションを追加する
  • ショートカメラで最大 60 秒の動画を撮影する
  • スマートフォンのギャラリーからクリップを追加して、ショートカメラで撮影した動画に追加する
  • フィルターを追加して動画のカラーを修正する (より多くのエフェクトを順次追加予定)

なお、YouTubeでは、「YouTube ショート」を収益化し、クリエイターのコンテンツに還元する様々な方法を検討しており、2021年から2022年にかけて合計1億ドルをクリエイターに提供する予定とのこと。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。