新型「iPad mini」は今秋の発売に向け順調 − 「iMac 32インチ」はまだ開発中

Apple関連の情報では多数の実績があるBloombergのMark Gurman氏が、新型「iPad mini」や新型「iMac 32インチ」に関する情報を報告しています。

同氏は、自身のニュースレター「Power On」の最新号で、新型「iPad mini」は今秋の発売に向け順調に進んでいることを明らかにしています。

新型「iPad mini」は最新の「iPad Air」と同様のデザインで、最新のプロセッサを搭載すると言われており、同氏は「iPad miniの9年の歴史の中で最大の刷新」と表現しています。

また、Appleは「iMac 27インチ」の後継モデルであるより大型のAppleシリコン搭載「iMac」の開発も続けており、ディスプレイサイズは32インチで、「M1X」もしくは「M2X」チップが搭載されるとみられていますが、それ以上の詳細は不明です。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。