MS、「Windows 11」のレジストリを弄って「Win10」風のスタートメニューを表示する方法を最新のプレビュー版で無効化

「Windows 11」ではスタートメニューやタスクバーが画面中央に表示されるようになるものの、これまでのユーザーインターフェイスを好むユーザーがレジストリを弄って「Windows 10」風のスタートメニューにカスタマイズする方法が公開されていましたが、先日リリースされた最新のプレビュービルドではこのレジストリを弄ってカスタマイズする方法が無効化されたことが分かりました。

Windows Latestによると、先日リリースされた「Windows 11 Build 22000.65」ではレジストリを弄って「Windows 10」風のスタートメニューやタスクバーを表示する方法が全て無効化されているとのこと。

なお、無効化は全てのSKUで行われており、レジストリを弄ってカスタマイズしていた場合、アップデートの適用後は元の「Windows 11」のUIに戻る模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。