NTTドコモ、国内初のドローン向け新料金プラン「LTE上空利用プラン」を発表

本日、NTTドコモが、無人航空機(ドローン)向けに、月額49,800円(税込)で上空におけるLTE通信を月間データ容量120GBまで利用出来る新たな料金プラン「LTE上空利用プラン」を発表しました。

上空におけるモバイルネットワークの利用は、地上で利用する電波への干渉を避けるため、電波法による監理のもと限定的な利用となっていたが、関係省庁や企業団体等による官民協議会が提唱する「空の産業革命」の実現に向け、上空での送信電力制御や、上空で利用する周波数帯の限定などを条件に、2020年12月に上空におけるモバイルネットワーク利用を拡大する制度が整備されました。

同社は上空でのLTE通信端末の送信電力を最適化するネットワーク機能である「送信電力最適化機能」を開発し、すでに運用を開始していましたが、さらに今回上空で利用可能な周波数を限定する「周波数帯域制限(band制限)機能」を開発し、これらの機能を活用し、上空でのLTE通信を基地局から適切に制御することで、地上でモバイルネットワークを利用する端末への電波干渉を軽減することが可能となったそうです。

また同時に、本料金プランの契約者がセルラードローンの利用場所や日時、台数、高度などを事前に予約し、同一空域、同一時間に上空でのLTE通信の利用が集中することを防ぐことができる「LTE上空利用予約」の提供も開始するとのこと。

なお、ドローン用いて上空でモバイルネットワークを利用することが可能となる料金プランの提供は国内初で、本日より提供が開始されます。

ニュースリリース
プラン公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。