DJI、小型ジンバルカメラ「DJI Pocket 2」のホワイトモデルを発売

本日、DJIが、小型ジンバルカメラ「DJI Pocket 2」の新カラーモデル「サンセットホワイト」を発売しました。

本製品は、3軸ジンバル機構を搭載し、スムーズなパンやチルトなどが可能な小型ジンバルカメラで、最大8倍のデジタルズームに対応した1/1.7インチ6400万画素のセンサーを搭載しています。

また、HDR動画や240fpsのスローモーション撮影にも対応しており、最大動画ビットレートは100Mbpsで、被写体を自動で追随する「Active Track 3.0」や、ショートクリップを生成する「ストーリーモード」、4つのマイクでサラウンドやズーム連動収録に対応する「DJI マトリックスステレオ」、タイムラプス、AI編集などが利用可能です。

これまではブラックモデル1色の展開でしたが、今後はブラックとホワイトの2色から選択可能になりました。

なお、サンセットホワイトモデルはDo-It-Allハンドル、スリングストラップなどの複数の軽量なアクセサリーが同梱された限定コンボモデルのみの販売となっており、価格は56,100円(税込)で、数に限りがあると案内されています。

DJI Pocket 2 – DJI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。