Appleが初代「Apple Watch」の時点でセラミックモデルの投入を検討していたことが明らかに

Appleの試作機の写真を多数投稿しているDongle氏(@DongleBookPro)が、初代「Apple Watch」の新たな試作機の写真を公開しています。

その試作機は2014年に製造されたもので、セラミックケースを採用したモデルとなっており、セラミックケースを採用した「Apple Watch Edition」は第2世代モデルの「Apple Watch Series 2」から投入されたことから、Appleはそれよりも前の初代モデルの時点でセラミックケースモデルの投入を検討していたことが分かります。

ちなみに、初代「Apple Watch」は2015年4月、「Apple Watch Series 2」は2016年9月に発売されています。

先日にはスマートバンドの検討が行われていたことが予想出来る「Apple Watch Series 3」の試作機の写真が明らかになっていますが、試作機からはAppleが各種製品の発売前に様々な検討を行っていることが良く分かります。

Appleがスマートバンドの検討を行っていたことが予想出来る「Apple Watch Series 3」の試作機の存在が明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。