Appleがスマートバンドの検討を行っていたことが予想出来る「Apple Watch Series 3」の試作機の存在が明らかに

MacRumorsによると、「Apple Watch Series 3」の試作機の写真が公開され、謎のコネクタのテストが行われていたことが分かりました。

その試作機の写真が上記画像ですが、バンドを装着する箇所の内部に2つの金属製の接点が用意されており(真ん中は診断用ポート)、スマートバンドのテストが行われていたことが予想されています。

Appleはスマートバンドに関する特許を多数出願しており、生体認証や自動締め付け機能、LEDインジケーターなどの特許を出願しているそうです。

「Apple Watch Series 3」は2017年9月に発売されたモデルなので、このコネクタのテストも同時期に行われていたものと予想され、現在も継続しているのかどうかは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。