DJI、小型ドローン「Mini SE」を正式発表 − ただし一部の国でのみ発売

先月、DJIが小型ドローン「Mavic Mini」を「Mini SE」に改称して値下げするとの情報をお伝えしましたが、その「Mini SE」が正式に発表され、一部の国で販売が開始されたことが分かりました。

ただ、販売されているのは一部の国で、現時点で確認出来ているのはブラジル、シンガポール、インドネシア、マレーシアで、DJIの公式サイトにも掲載されています。

「Mini SE」の変更点などは明らかにされていないものの、「Mavic Mini」の一部仕様を変更し、価格を下げたモデルとなっており、「Mavic Mini」とのスペックの違いは最大風圧抵抗が8m/sから8.5〜10.5m/sへと向上している他、カメラの写真撮影時のISO感度が100~1600(オート)から100〜3200(オート)へと向上しています。

残念ながら日本でも販売されていないのですが、マレーシアでの価格は1,349RM(約36,000円)となっています。

DJI公式サイト

[via GIZMOChina

DJI、小型ドローン「Mavic Mini」を「Mini SE」に改称して値下げか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。