「Windows 11」の内部ビルドのスクリーンショットが流出 − ファイルエクスプローラーや設定など

先週、Microsoftが「Windows 11」を発表しましたが、その「Windows 11」の内部ビルドのスクリーンショットが公開されました。

これはAggiornamenti Lumia(@ALumia_Italia)というユーザーが公開したもので、Microsoftの従業員から入手したものだそうです。

ビルドナンバーは「22000.51」となっており、先日に公式発表前にISOファイルが流出したビルドは「21996.1」だった為、より開発が進んだビルドとなっており、スクリーンショットには新しいユーザーインターフェイスを採用したファイルエクスプローラーや設定が写っています。

なお、より大きな画像や他のスクリーンショットは下記ツイートをご覧下さい。

Microsoftは今週よりWindows Insider Programのユーザーに対してプレビュービルドの提供を開始しますが、このビルドがプレビュービルドとして提供されるビルドなのかは不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。