「Windows 11」、既存の「Windows 10」搭載PCへのアップグレードの展開は2022年前半になる模様

先日発表された「Windows 11」は今年後半に正式リリース予定ですが、既存の「Windows 10」搭載PC向けへのアップグレードの展開は2022年になることが分かりました。

これはユーザーからの問い合わせに対してWindowsのTwitter公式アカウントが回答し明らかになったもので、「Windows 11」を搭載したPCは2021年後半に発売されますが、既存の「Windows 10」搭載PCへのアップグレードの展開は2022年前半に順次行われる予定となります。

これはあくまでWindows Update経由の場合で、「Windows 11」のリリース後すぐにアップグレードしたいというユーザーは「Windows 11 RTM」の最終ビルドが出来た時点で手動でアップグレードすることが可能と予想され、それ以前に試用してみたいという方は来週から始まるWindows Insider Programに参加すると可能です。

[via MSPU

1 COMMENT

匿名

発表後にできた公式のQ&Aに2021年後半に開始の2022年にかけてアプデ予定ってありませんでしたっけ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。