ソフトバンクとワイモバイル、8月上旬より一部機種での「LINE」アプリサービスの提供を終了することを案内

ソフトバンクとワイモバイルが、一部機種での「LINE」アプリのサービス提供を8月上旬で終了することを案内しています。

これはLINEによる一部OSバージョンのサポート終了に伴うもので、対象機種を利用しているユーザーは2021年8月上旬をもって、トークの閲覧・バックアップを含め、全機能が利用出来なくなります。

対象機種は下記の通り。

Android/iOSでバージョン9.12.0未満のLINEアプリを利用中のユーザー

利用中の端末がAndroid 5.0以上およびiOS 10以上のユーザーについては、「LINE」アプリを9.12.0以上にアップデートすれば引き続き利用可能です。

Android 5.0以上にアップデートできない以下の機種を利用中のユーザー

【ソフトバンク】
・シンプルスマホ2
・AQUOS Xx 304SH
・AQUOS CRYSTAL
・AQUOS CRYSTAL X
・Xperia Z3
・DIGNO U
・ARROWS M 305
・BLADE Q+
・Media Pad 10 Link+ 402HW
・GALAXY Tab4

【ワイモバイル】
・AQUOS CRYSTAL Y
・DIGNO C
・DIGNO T
・Spray
・Nexus 5
・MediaPad M1 8.0

なお、詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース(ソフトバンク)
ニュースリリース(ワイモバイル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。