メルカリ、「iOS 12」未満で同社のアプリが利用出来なくなることを案内 − 7月1日以降順次

本日、メルカリが、iOS 12.0未満を搭載したiOSデバイスを利用しているユーザーに対し、同社のアプリが利用出来なくなることを案内しています。

2021年7月15日以降、「メルカリ」は最新版のiOSアプリからの利用がになるとのことで、最新版のiOSアプリを利用できないiOS 12.0未満の端末からは「メルカリ」を利用出来なくなり、該当するユーザーがアプリを引き続き利用するにはiOSのアップデートが必要になります。

利用環境の変更に伴う機能停止等の実施スケジュールは下記の通りで、7月1日午後0時より新規出品、出品中の商品の編集不可&出品、商品の購入といった行為が出来なくなり、7月15日午後0時で全ての機能が利用出来なくなります。

なお、iOSのアップデートが難しい場合は、Web版の利用を推奨していますが、アプリ版では使える一部の機能が使えなくなるので注意が必要です。

注意事項などの詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース – メルカリ

1 COMMENT

匿名

Microsoftみたいに最新と一つ前まででもかなりのユーザーはカバーしてるから、それで良いと思うんだけどな

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。