「Windows 10 Sモード」の後継版は「Windows 11 SE」に

昨日、「Windows 11」の開発ビルドのISOファイルが流出し、様々な情報が明らかになっていますが、同ビルドには「Windows 11 SE」というエディションが隠されていることが明らかになりました。

「Windows 11 SE」は「Windows 10 Cloud」(現Windows 10 Sモード)の後継版とみられており、「設定」のカスタマイズオプションの多くがロックされている他、「Microsoft Store」のアプリも無効化されており、起動出来ない模様。

また、win32アプリは問題なく動作するものの、ウィジェットは動作しないようです。

なお、Microsoftに精通しているMary Jo Foley氏もMicrosoftはSモードの開発を継続するようだと述べており、同氏は「Windows 11 SE」は「Windows 11」のSモードだと予測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。