「Windows 11」のスクリーンショットが流出 − 新しいスタートメニューなどが明らかに

Microsoftは6月25日に次世代Windowsの発表イベントを開催し、「Windows 11」を発表するとみられていますが、その「Windows 11」のものとされるスクリーンショットが流出しました。

スクリーンショットは中国のBaiduに投稿されたもので、新しいスタートメニューと設定アプリが写っており、スタートメニューのユーザーインターフェイスについては、Microsoftが開発を断念した「Windows 10X」のものに似ています。

また、タスクバーのスタートボタンやアプリのアイコンは中央寄せで配置されています。

さらに、設定アプリのスクリーンショットでは、エディション名の箇所に「Windows 11 Pro」と記載されており、「Windows 11」であることが確認されました。

[via The Verge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。