「iOS 15」の新機能の一部は「iPhone XS」以降でしか利用出来ないものも

先日発表された次期iOSこと「iOS 15」はiPhone 6s以降のiPhoneをサポートしていますが、「iOS 15」の新機能のうちの一部はiPhone XS以降のモデルでしか利用出来ないものがあり、9To5Macがその機能をまとめています。

「iOS 15」の新機能の一部はA12 Bionic以降のチップを搭載したiPhoneでしか利用出来ないものがあり、まず、A12 Bionic以降のチップを搭載したiPhoneとは具体的には下記のモデルとなっています。

・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max

そして、上記のiPhone XS以降のモデルでのみ利用可能な「iOS 15」の機能は下記の通りで、逆にiPhone XSよりも古いモデルでは利用出来ない機能であることを意味しています。

・FaceTimeの空間オーディオ
・FaceTimeのポートレートモード
・「マップ」アプリのインタラクティブな地球儀
・「マップ」アプリのAR案内
・写真内の文字認識機能「Live Text」
・カメラ​を向けた被写体を自動で認識して検索できる機能「Visual Look Up」
・「天気」アプリの新しいアニメーション
・デバイス上での音声処理
・「ウォレット」アプリへの鍵の追加

また、下記の機能は「iPhone 12」シリーズのみで利用可能な機能となっています。

・改良されたパノラマ写真撮影機能
・5Gでの接続性の強化
・Wi-Fiより5G接続を優先する設定

「macOS Monterey」の一部機能はIntel Macでは利用出来ないことが明らかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。